体を温める飲み物、冷やす飲み物を意識して飲む生活

冬は乾燥しがちなので、喉がよく乾き体もカラカラになります。
意識をして水分補給することが大切です。

冷え性の方は、冷たい飲み物は飲まないように気をつけているという方も多いと思います。

しかし、温かい飲み物だとしても種類によっては体を冷やしてしまうこともあるのです。

普段飲んでいる飲み物で体を温めたり、反対に体を冷やしたりしてしまいます。
冷えに悩んでいるなら、普段よく飲む飲み物を見直してみませんか?

体を冷やす飲み物

  • 不発酵の飲み物
  • 色味が薄い飲み物
  • 気温が高く暑い地域で収穫される飲み物です。

具体的には、コーヒー、緑茶、麦茶、牛乳などです。
ホットで飲むと一時的に体温は上がりますが、結果的には体の冷えに繋がってしまいます。
普段からコーヒーを沢山飲むという方は、注意が必要です。

また緑茶やコーヒーにはカフェインが含まれますので、利尿作用によって体を冷やす原因になってします。

体を温めるために積極的に飲みたい飲み物

  • 発酵している飲み物
  • 赤や黒など色味の濃い飲み物
  • 気温が低く寒い地域で収穫される飲み物

具体的には、しょうが湯、黒豆茶、ほうじ茶、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、日本酒などです。
カフェインのなるべく少ない飲み物を選ぶようにしましょう。

しょが湯は冬におススメの飲み物です。
しょうがには、ショウガオールという成分が含まれていて、血液の流れを促進する効果があります。
また、免疫力もあげてくれますので、冬の時期には特に風邪予防にもなります。
ホットで飲むしょうが湯は冷え性さんにとってはとっておきの飲み物です。
寝る前に一杯のしょうが湯を飲むのがおススメです。

さいごに

知らず知らずのうちにいつも飲んでいた飲み物で体を冷やし、冷え性の悪化につながっている場合もあります。

毎日飲む飲み物で冷えを予防できるなら、飲み物の種類にぜひ目を向けて生活してみましょう。