2019年のゴールデンウィークはどうなる?国民の祝日が増えて10連休なのはなぜ?

2019年のゴールデンウィークは10連休

2019年は特別な年です。
4月に新元号も「令和」と発表されましたが、今年は天皇陛下の御退位されるとともに、新天皇陛下が御即位され新たな元号へと変わる年。

国民こぞって祝意を示すために2019年限定ですが、祝日も増えました。ゴールデンウィークも10連休になります。

特別な年、2019年のゴールデンウィークに何をしようか、どこに行こうかと決めかねていませんか?

今ならまだ交通機関の予約も間に合うかもしれません。

 

しかし、2019年のゴールデンウィークがなぜ10連休になるのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか?

この記事では、なぜゴールデンウィークが10連休になるのかについて説明しています。

2019年限定の祝日は2日ある

2019年は新天皇の御即位に際し、国民が喜びを祝う気持ちを示すために2019年は祝日が2日増えることになりました。

その2日は、5月1日と10月22日です。

日付 国民の祝日
5月1日(水) 天皇の即位の日
10月22日(火) 即位礼正殿の儀

5月1日の天皇の即位の日は、平成から令和に変わることでもご存じのとおりです。

この前日の4月30日に天皇陛下が御退位となり、「退位礼正殿の儀」という国事行為の国の儀式が行われ、
5月1日の新天皇の即位の日には「剣璽等承継の儀」などが行われます。

さらに10月22日には、「即位礼正殿の儀」などが行われます。

即位礼正殿の儀とは

10月22日の即位礼正殿の儀の行われる日が祝日になります。

即位礼正殿の儀とは、天皇陛下の御即位を国の内外に宣明される国の儀式です。

1990年(平成2年)11月12日に行われた「即位礼正殿の儀」では、国外から国家元首や首脳が参列し、国内外から賓客が招かれました。

2019年限定ですが、この5月1日と10月22日の2日が国民の祝日になります。

祝日法で5月1日前後が休日に

祝日法とは

2019年に5月1日が休みになることによって、4月29日と5月3日の間の平日が2日も休日になります。

『なぜ?』って感じですよね。

じつは、「祝日法」という法律で、祝日と祝日に挟まれた平日は休日になると定められているからです。

つまり、4月29日(昭和の日)と5月1日(天皇の即位の日)の間にはさまれた4月30日と、5月1日(天皇の即位の日)と5月3日(憲法記念日)の間の5月2日も休日になるわけです。

祝日法で2019年のゴールデンウィークの休日が増える

これは5月1日が祝日になる2019年限定ですので、貴重な連休になりますね。

2019年のGWは10連休

2019年のゴールデンウィークは10連休

というわけで土日が休みの場合だと10連休になるということです。

有給を使わずに10連休になるのは嬉しいですよね。

土曜日が仕事の方は9連休ですが、それでもこれほどの連休はなかなかないと思います。

ただ、銀行や病院などの期間も連休になるため注意しておかないといけない場面もあります。
連休前にお金の確認や、連休中も開いている医療機関を事前に確認しておくことが大切です。